degiMONO blog

デジモノ/音楽/動画/レビュー 超個人的意見ブログ

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ASUS K53TAのFullHD化は失敗に



以下の内容は、ノートパソコンを分解し液晶パネルを換装した過程と結果です。
パソコンの分解は、保障が失われる上、故障を招きかねません。
また、液晶パネルの交換の場合、最悪元に戻したとしても正常に動作しない可能性があります。
さらに、ASUS K53TAのFullHD化に関してはインターネット上での情報だと、
海外でも成功例がなく、今回のパネルでも失敗しています。
日本国内でも液晶の自力交換の情報がありません。
分解の際には、静電気による故障など細心の注意を払って行ってください。
これからの内容において、起こり得るいかなる損害、また第三者に対し損害を与えた場合においても、
当方では一切の責任を負いません。各自が自己責任の上で行ってください。


【換装内容】
CHIMEI製
N156BGE-L21 リビジョンC1 [HD]
 ↓
LG.Philips製
LP156WF1-TL リビジョンA1 [FullHD]


【パネルの選択】
とにかく成功例がなかったので、何とも言えません。
このパネルは、MSI CR500で成功例が多数あるパネルであり、
かつ、コネクタの形状、位置がLGなら統一されていているということから。
実際、形状も位置も何も問題ありませんでした。

【検証結果】
失敗。原因は断定できておりませんが、ケーブル関係が濃厚ではないかと。
原因の追及に関して詳しくは、以下の2chスレッド>>90以降のやりとり参照。
【15.6型】ASUS K53TA Part10【FusionAPU】

【液晶交換の過程】
(1)液晶フレームをはずすために、フレーム右下、左下のネジカバー(シール状)
をはずし、ネジははずす。
k53ta01_convert_20111129032410.jpg

(2)残りはツメで固定されているのでマイナスドライバーなどで探りながら、
テコの原理を利用しつつ丁寧にはずしていく。
k52ta02_convert_20111129032823.jpg
やや固いが、勇気を出してゆっくりかつ大胆に。

(3)一旦、パネルを全開させて、ヒンジの部分を真上に引っ張ると、液晶フレームが取れる。
k53ta03_convert_20111129033209.jpg

(4)次は天板とLCDフレームです。機種によってはこの2つは離さなくても交換できる場合
がありますが、K53TAの場合ははずした方がいいでしょう。下の写真参照。
k53ta05_convert_20111129033703.jpg
LCDフレームとパネルを固定するネジが板状の突起で遮られています。
このままではドライバーが入りません。


(5)ということで、天板を固定しているネジ6本をとりはずす。
k53ta04_convert_20111129034141.jpg
ここで注意したいのは、写真の通りパネルの裏側にケーブルがあります。
つまり、天板を何かで支えながらネジを取り外さないと、勢いよく落下したせいで
ケーブルを傷つけかねません。


(6)LCDフレームとパネルを固定しているネジを取り外す。
一旦、LCDフレームごとキーボードまで倒し
(つまりフタをするような感じ)てから、フレームサイドのネジをはずす。

k53ta06_convert_20111129034715.jpg
上の写真が倒した状態です。液晶へのケーブルの途中でウェブカメへ向かうケーブルが分岐
しているのがわかります。
k53ta08_convert_20111129034950.jpg
装備されていたのは、CHIMEI製の液晶でした。ちなみにCHIMEI製のFullHDは生産されていません。

(7)次は、一番神経を使うところです。
液晶パネルからケーブルをとりはずします。ここで、問題なのが、
ケーブルが強力な粘着テープと、ケーブル根元の銀色の部分が強力なノリで
接着されていることです。

テープ:ケーブルについている以外の部分を時間をかけて慎重にはがす。
ノリ:はがれなさそうならば、無理をせず貼りついている液晶基板保護ビニールごと
ハサミなどで切る。失敗した場合のことを考えて切り取ったビニールは取っておき
元の液晶に戻すときにはめてセロテープなどで貼りなおす。
そして、矢印の方向に水平にゆっくりと取り外す。
決してケーブルをつかんで引っ張らないこと。
k53ta07_convert_20111129035847.jpg
40pinのLVDSケーブルです。結線されているのがどうか・・・。

(8)今までの逆の手順で付け替えます。
k53ta09_convert_20111129040226.jpg

旧液晶と新液晶の基盤の違い。
k53ta10_convert_20111129040407.jpg

以上が付け替えの作業です。とにもかくにもヤマはケーブルの部分です。
今回は何回か付け替えを行いましたが、無事に戻すことができました。
一番最悪なのが、新液晶もつかない、旧液晶もつかなくなった・・・。
そうならないためにも、ある程度の覚悟が必要な作業です。

【なぜ失敗したのか】
原因は断定できていませんが、おそらくケーブル関係が濃厚かと思われます。
問題点は大きく分けて3つ、
①Radeonで何かが起きている。
②BIOSで何かが起きている。
③ケーブルで何かが起きている。

<症状>
(ⅰ)外部接続なしのとき
 BIOSからセーフモードでも何もかもが表示されない。
 ただし、起動サウンドとログオンサウンドはしっかりと聞こえる
 つまり、外部接続なしだと何も作業ができない。

(ⅱ)外部接続して確認してみる
 接続先:DELL ST2220L (1980*1080) HDMI&DVIどちらも試してみた。
 複製・拡張を試してみたもののノートの方は変化なしなので、複製のまま状態を確認。
 
 AMD VISION Engine Control Center (いわゆるCCCみたいな)
 無題1
 フラットパネルにはしっかりDELL ST2220Lが表示されており、
 ビルトインディスプレイには
 検知された最大解像度:1920*1080とある。
 こ、これはFullHDのパネルがついてるよー!と理解していいのか?
 解像度を低くしてもノート側のPCに変化なし。

 ところが、このノート版CCCを開く際に問題が....
 無題2
 このエラーが必ず出るのだ。
 解像度が認識できない、リフレッシュレートが合っていない、ケーブルに問題がある。
 ここで話に出てきたのが、EDIDの問題の可能性。
 EDIDの無効で解決するのでは?という案が出たが、ノート版CCCにEDID無効が見当たらない。
 本来のCCCではEDID無効があるとのこと。
 ここで、他者の助言により、Monitor Asset Managerを使用することに。

 換装前のCHIMEI製パネルのAsset Information
 無題

 そして、換装後に再度Monitor Asset Managerで新液晶の詳細を確認しようと
 アイコンをクリックすると...
 無題3
 oh...この辺でもう心が折れかけましたw

 新液晶と旧液晶のEDIDを入手できたのでなんとか一歩近づけるかと思ったんですが、
 リスクが高いのとそこまでの技術が確実にあるわけではないので断念しました。
 このネタは温めておきたいと思います。

 外部接続したうえでのBIOSは確認できました。ちなみにBIOS209です。
 さらに、外部接続したうえでセーフモードを試みたら想定外のことに...
 k53ta11_convert_20111129044155.jpg
 いつもの通り、四隅に「セーフモード」の文字と、低解像度な画面が映ったのだが、
 一瞬で真っ暗に...四隅の文字だけが虚しく残った。
 セーフモードから先に進めず。

 リカバリするとどうだろうか?という話があり、「ありかも」と思ったんですが、
 最後の手段にしたいと思います。

 今のところはっきりとした原因は分かりません。
 これを見てもっと詳しい方が意見を出してくれることを願って、
 ひとまず検証は終了します。
 ただ、今回はLP156WF1-TL-A1という型番でしか行っていません。
 そのほかがどうなるかも分からないですし、保障もできません。
 HD+(1600*900)なら?というのもどうなるか分かりません。
 海外勢に期待したいです。
スポンサーサイト

| PC | 04:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【航空】Boeing787の初トラブル

b787

ついに本格的に就航したB787ですが、やっぱりトラブルは付き物。
主脚が出ずに、手動で出すというトラブル。
実は車輪を出すときのトラブルは製造時からありました。
簡単な動作ですが、これが意外と難しいとのこと。
AIRBUS380のときも製造時にトラブルがあり、
潤滑油を塗って滑りをよくしたという応急処置はさすが欧米。
実際、タイヤ自体摩擦発生時にはかなりの高温になり、
飛行時は上空の大気によってかなり低温になります。
こんなハードな状況にも耐えられるタイヤは実はハンドメイドな部分もあり、
職人さんが手作業で天然ゴム+コークスの強力なゴムを重ねていっています。

半分ほどが日本製品を使用している「準国産」とも呼ばれるこの機体が
量産されて乗れる機会が増えてくれるとありがたい!早く乗りたいですな!

あと、B747-8も気になるところ。

| 航空機 | 01:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【動画】God knows...を英語で歌ってみた

いわゆる逆空耳です。
まずは聞いてみてください。↓

字幕は、上から、正しい歌詞・それっぽく聞こえる英語の歌詞・その英語の歌詞の日本語訳
となっています。
それっぽくどころか、そう聞こえてしまうからすごい。
残念ながら、逆空耳は1番と後半も一部だけですが、
十分すごいです。是非、2番もつくってUPしてほしいぐらい。
英語の勉強になるかどうか分からないけど・・・・w
ここまでくると、
「やべ、自分も英語喋られるんじゃね!?」
と思うかもしれないけど、
さすがにそこまではいかないでしょう。
でも、英語好きになるきっかけにもなるかもしれない
いい作品でした。

| 動画 | 01:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【教材】英語/英文読解標準問題(1)~(10)

sample2.jpg
(サンプル)

高校入試用/公立レベルの英文読解問題です。
英検にも使えるかもしれません。
ネタは豊富にあるので、継続的に続編をUPしたいと思います。
とりあえず、(1)~(10)をUP

DOWNLOAD
Windows Live Skydriveに飛びます。
ファイル名「英文読解標準問題1-10.pdf」

| 教材 | 12:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【文具】KING JIM mamemoTM1(マメモ)

名前がベタすぎるぞ!
どうせ、マメにメモするで、「マメモ」なんでしょう。
ぶっちゃけ調べてないです。なぜなら、自信があるからです。
KING JIMのことです。きっと、そんなオチです。
とは言いつつも、文房具・事務用品の王様KING JIM!
個性的かつ実用的な文具に間違いない。

mamemo

機能面はあとにして、第一印象は、
“他に色なかったの?”
ですかね。
別に悪い色ではないけど、なんか微妙なライン・・・。
ダークグリーンとビビットオレンジが目を惹きます。
ビビットオレンジよさそうだけど、実際見ると、
工事現場のバリケードみたいな危険を喚起する色っぽい感じで残念でした。
ただ、デザインはなんかホテルとかにあるペン立てみたいで、なんかいいです。

抵抗膜式のタッチパネルで、99枚分のメモが取れます。(あと1枚頑張ろうよ・・・)
ペンの太さは細・太の2種類選択可。時計マークをタップするとその日時がスタンプされて、
いつのメモかすぐに分かる。これは便利。
ToDoとしても利用でき、指定日時にアラームがけたたましく鳴る。
普通の付箋はなにも話しかけてくれないので、予定をうっかり忘れることもないでしょう。
しかも、こんなガジェットですから、落としてスリッパの裏に貼りつくなんてことも有り得ない!
そして、意外と便利だなと思ったのが、
重量感があるので、手で押さえる必要がないこと。
普通の付箋だと、電話を片手で持ち、一方の手でペンを持ちメモすると、
付箋自体がズレ動きうまく書けないなんてことが多々あります。
そんなときも、これなら安定感抜群。しっかりと書ける。
しかし、意外なことに「消しゴム機能」がないのだ。
こんだけの電子文具だから、消しゴム機能ぐらいは・・・と思うが。
KING JIMの本音を代弁しよう。
「うちはそんな細けぇことやってねぇから」
みたいな感じでしょう。
昔からKING JIMはシンプルで単機能な商品を多く出し、
その分かりやすさでヒット商品を出してきました。
万が一メモをミスったら、
 ① 普通に二重線で消す。
 ② 削除し、新しいページに書く。
の2通りです。
まぁ、よくよく考えると、メモってるときは消しゴム使う余裕ないですよね。
納得かもしれない。
99枚っていう点も、ぶっちゃけ99枚書いた頃にはす、すでに前の分のメモに関する用は
終わってるよな、って感じですな。

メモ魔の電子文具好きにはオススメの商品だと思います。
自分は買わないけど。

KING JIM ホームページ 卓上メモ「マメモ」スペシャルサイト


なんと、持ち運び用マメモまで・・・これだったら欲しい!実機見たい!↓
handimamemo

KING JIM ホームページ ハンディメモ「マメモ」スペシャルサイト

価格.com マメモ関連

KINGJIM 卓上メモ「mamemo(マメモ)」 オフホワイト TM1シロKINGJIM 卓上メモ「mamemo(マメモ)」 オフホワイト TM1シロ
(2010/08/06)
キングジム

商品詳細を見る


KING JIM ハンディメモ「マメモ」 ブラック×ブラック TM2クロKING JIM ハンディメモ「マメモ」 ブラック×ブラック TM2クロ
(2011/06/17)
キングジム

商品詳細を見る

| 文具 | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。